【シンプルな仮想通貨ガイド】IOTA (アイオータ)

Sponsored Link

 

IOTA website
▶他の仮想通貨情報はこちら

通貨表記 開始日 最大発行数 証明方法
IOTA 2016/7/17 2,779,530,283 (×100万) Tangle
概要
IOTAは、オープンソースの分散型元帳プロトコルであり、ブロックではない「絡み合い」(Tangle)の発明を通じ、「ブロックチェーンを超える」次世代の技術です。IOTA Tangleは、量子証明によるDirected Acyclic Graph(DAG)で、ネットワーク上で1秒間に処理できるトランザクションの数に制限がなく、また、トランザクションに手数料がかかりません。スループットはネットワーク内のアクティビティとともに増加し、アクティビティが多いほど、ネットワークは速くなります。ブロックチェーン技術とは異なり、IOTAは、ユーザーと証明者を分離していません。他の取引に対する証明はユーザーが元帳を使用することでなされ、それにより中央集権化が回避されています。IOTAは、IoTのバックボーンとしての役割を果たすことを重点に置いています。
特徴
1. IoTとの連携

IOTAはその名が示す通り、IoT(Internet-of-Things : モノのインターネット)、すなわち電化製品をはじめとする様々な機器がインターネットに接続されていく社会において、それらの機器を止めることなくスピーディーに動かすことを目的とする。

2. DAG(Directed Acyclic Graph : 非循環有向グラフ)

ビットコインでは、取引の証明・管理においてブロックチェーンを活用するのに対し、IOTAでは、ブロックチェーンとは異なるDAGというシステムを使い、取引を行う個々人が別々の取引履歴を保存し、それぞれが自らの取引時に他の取引の承認を行うことで、スピーディーかつ柔軟なトランザクションを可能にしている。

3. 無料の送金手数料

DAG(非循環有向グラフ)によって、ユーザー自身が取引の証明者となるため、送金手数料が掛からず、IoTなどの少額決済を大量に行うことが可能になる。


期間でみる成長率
(※ビットコイン建で計算)

円建てからは分からないこの通貨自体の成長率を知る

期間 始値 終値 成長率
2018-Q2 0.00016247 0.00015538 -4%
2018-Q1 0.00025984 0.00016247 -37%
2017 0.00023524
(※6/13start)
0.00025984 10%


Topics (随時更新)

What’s new?
2018-3-9 ドイツ生まれの仮想通貨「IOTA」、世界へ進出-東京にも拠点

2018-2-25 仮想通貨IOTAがフォルクスワーゲンと提携!この大きなニュースは今後のチャートに影響するか?

2018-2-1 IOTAが台北市と提携 ブロックチェーン活用した市民サービスの提供目指す

2018-1-30 IOTA創業者:IOTAが先週約400万ドル流出した事件について言及

2018-1-24 仮想通貨ヘッジファンド、IOTAを評価 「高すぎる」

2018-1-23 IOTAがハッキング被害に

2017-12-21 《IOT》IoTのための仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?~特徴・課題・今後について解説~

2017-12-20 独ボッシュがIoT特化の仮想通貨IOTAトークンを大量取得、発表うけ20%高

2017-12-7 IoT向け仮想通貨IOTAが暴騰、マイクロソフトや富士通との連携うけ

2017-10-30 IOTA(アイオータ)とは?上場直後500倍になった仮想通貨の将来性と仕組みを解説!

2017-9-11 初心者のためのIOTAクイックスタートガイド

2017-6-20 IOTA仮想通貨がデビュー!上場初日で時価総額6位で登場!

2017-6-16 IOTA(アイオータ)とは?ーIoTに最適化された暗号通貨

2016-7-13 IoT×ブロックチェーンで業界常識を破壊する – ハッカソン最優秀賞「Cargochainプロジェクト」とは

2016-1-28 ブロックチェーンを使わない、IoTトークンプラットフォームIOTAが世界進出


2015-10-29 ブロックチェーンの要らないIoTのためのトークンシステムとは

Chart 1 (ビットコイン建 or 円建)


Chart 2 (定点観測)
※ オレンジ線(ビットコイン建)に着目
2018-Q2

2018-Q1

2017
(※6/13start)
取り扱い取引所
(※一部抜粋)
国内取引所      
海外取引所 BITFINEX  OKEX  BINANCE

 

■主な参照先:CryptoCompare , CryptoCurrency Market Capitalizations

■注意事項:上記情報はあくまで当該通貨に関する情報のほんの一部に過ぎません。投資に対する判断は、当サイト以外の情報も十分に調べ、自己責任でお願い致します。また、当サイトは、新たな情報の反映、不十分な記載の訂正など、予告なしに内容の変更を行うことがあります。これによって生じたトラブル、損失、損害に対して、当サイト運営者は責任を負いません。

 


Sponsored Link