【マーケットは5日連続の下落】2018年8月2日(木)の仮想通貨マーケット

Sponsored Link

 

 

〜 仮想通貨に関する日々の 情報やデータを記録 〜

 

この日のマーケットは?

 

 

この日のマーケットの動き概観(※ (   )は前日との比較 )

マーケット全体 ビットコイン イーサリアム 
時価総額 2677億ドル ( 1298億ドル () 416億ドル ()
市場占有率 48.5% () 15.5% (  )
価格 7556ドル () 0.05466BTC ()

◇Memo

この日のマーケット時価総額は、前日の2740億ドルから63億ドル下げの2677億ドルとなり、日連続の下げ相場(前日比-2.4%)となった。

そのような相場において、BTCは時価総額、価格を下げる一方、市場占有率は前日から0.7%アップの48.5%となった。ETHは、時価総額、価格、市場占有率の全てを下げ、市場占有率は前日からさらに0.2%ダウンの15.5%となった。

この日のニュース抜粋  (Link & Memo)

ポジティブなニュース ネガティブなニュース
1. 18ヶ月以内に、ビットコインETFの申請が許可されるだろう|Bloomberg番組内で有識者が言及 1. ビットコインは7500ドル以下に、イーサは5%下落の411ドル

◇Memo

仮想通貨マーケット時価総額は、この日も下落となり、これで5日連続の下落となった。

5日連続の下落は、6月24日以来となる。この6月の5日連続の時には、翌日の25日に一旦上げを見せた後、再び4日連続の下落となり、4日目の6月29日に今年最低のマーケット時価総額2325億ドルを記録した。

今回はどのような展開を見せるだろうか。不安要素としては、米国の株式市場の展開が挙げられる。米国トランプ政権と中国との貿易戦争が本格化するとの懸念も出てきており、何かのきっかけで株式市場が大きな下げを示す可能性がある。そして、その影響が仮想通貨マーケットにも及ぶ可能性がある。と言うよりも、最近の仮想通貨マーケットの下げは、その影響が出ている可能性もある。

政治は経済に影響を及ぼす。大国の動きは、その他の国に影響する。投資におけるそれぞれのマーケットはお互いに影響を及ぼす。「風吹けば桶屋が儲かる」と言うように、Aにおけるマイナスの出来事が巡り巡ってZのプラスの利益になることもあれば、AのマイナスがそのままZに伝播することもある。世界的に大きな影響を及ぼす可能性があるものに対しては、日頃から目を向け、起こりうる事態を考えておくようにしたい。

 

この日の【仮想通貨のニュース】見出し

この日の仮想通貨ランキングTOP20の動き

仮想通貨で英語を学ぶ 〜 この日のCRYPTO ENGLISH NEWS 〜

    この日の一文  Write your will into the blockchain
    発音  ライトゥ / ユア ウィル/  イントゥ ザ  ブロックチェイン
    語句の意味  書きなさい/あなたの遺言を/ ブロックチェーンの中に
    日本語訳  あなたの遺言をブロックチェーンに書き込め
    Link  Write your will into the blockchain

 


Sponsored Link