【仮想通貨は死んだ?】2018年7月13日(金)の仮想通貨マーケット

Sponsored Link

 

 

〜 仮想通貨に関する日々の 情報やデータを記録 〜

 

この日のマーケットは?

 

 

この日のマーケットの動き概観(※ (   )は前日との比較 )

マーケット全体 ビットコイン イーサリアム 
時価総額 2496億ドル( 1073億ドル () 441億ドル ()
市場占有率 43.0%() 17.7%()
価格 6259ドル() 0.07013BTC()

◇Memo

この日のマーケット時価総額は、前日の2454億ドルから42億ドル上げの2496億ドルとなり、若干の上げ相場(前日比+1.7%)となった。

そのような相場において、BTCは時価総額、価格を上げる一方、市場占有率は前日から0.3%ダウンの43.0%となった。ETHは、時価総額、価格を上げる一方、市場占有率は前日と変わらず17.7%となった。

この日のニュース抜粋  (Link & Memo)

ポジティブなニュース ネガティブなニュース
1. 世界初「非中央集権型銀行」の設立を計画、仮想通貨取引所バイナンスが支援

2. 世界の仮想通貨ATM設置台数が、1年間で2倍以上に増加

3. カナダのBTC(ビットコイン)所有者が一年で倍増

 

◇Memo

今年に入りダウントレンドが長く続く中、「仮想通貨は死んだ」「仮想通貨バブルは崩壊した」と言った声がしばしば聴かれる。

死んだのであれば、生き返らないことになるし、バブルが崩壊したのであれば、半年前の仮想通貨の価格は、実体以上の法外な価格であったことになり、再びその価格に戻ることは、当面ないことになる。

立場が変われば、意見も異なり、見え方も変わるが、実際はどうなのか?

確かに価格面だけを捉えるならば、仮想通貨は、半年前の最高価格から、およそ70%下落し、「死んだ」とか「バブルが崩壊した」といった表現も一理ある。

問題は、これで終わったと捉えるべきなのか、まだまだ終わっていないと捉えるべきかということだ。言い換えれば、仮想通貨は今後、より社会に浸透していくのかどうかということになる。

そもそも仮想通貨とは何なのかと言えば、ブロックチェーンを基盤とするインターネット上のデジタル通貨である。そして、その基盤は、ハッシュ関数と呼ばれる暗号システムと、それを照合するための分散型台帳システムにある。

このシステムの特徴は、分散型すなわち非中央集権的な仕組みにあり、単一障害点を持たないということだ。これまでの通貨・金融システムは、法定通貨も銀行も一定の主体によって運営されているが、ビットコインはそうではない。インターネットを通じ、運営者が世界中に分散している。そして、どこの国にも、どこの銀行にも頼ることなく、世界中の誰もが利用することができるのだ。

ビットコインは、2009年に誕生して以来、取引記録は全て残され、その管理は分散共有によってなされている。そして、これまで一度も止まることなく、また、外部から記録を改ざんされることも一度もなく、動き続けている。

このまま安全に動き続けるのであれば、また誰も止めることができないのであれば、あとは利用者が今後どれだけ増えるかということになる。ビットコインは、発行枚数が2100万枚と上限が決まっている。利用者が増えれば、それだけ価格も上がることになる。

しかし現在、ビットコインはスケーラビリティ(取引処理能力)に問題を抱えている。すなわち、分散型システムであるがゆえ、1秒間に処理できる件数が圧倒的に少なく、取引が増えれば増えるほど、その処理に多くの時間を必要とする。

この問題をどう解決するかが、今後の社会への浸透に大きく影響することは間違いない。その問題に対していま進められている取り組みは、「ライトニングネットワーク」というものだ。それは、ブロックチェーン上で全ての取引を直接的に処理するのではなく、別のレイヤーを作り、オフチェーンで取引を可能にする仕組みだ。この仕組みが進展すれば、より多くの取引がスピーディーに行われることになる。

スケーラビリティの問題に取り組む仮想通貨は、ビットコインだけではない。イーサリアムを始めとする他の様々な仮想通貨が、それぞれのやり方で取り組んでいる。より良い仕組みづくりが、それぞれの仮想通貨で進められている。

「仮想通貨は死んだのか?」

上記の仮想通貨の仕組みと現状の取り組みから、仮想通貨は全く死んではいないと見ている。それどころか、その生みの親とも言えるインターネットと同様、これから時間とともに大きく成長していく分野と捉えている。それとともに、仮想通貨に対する社会の評価も少しずつ変化していくだろう。現在の社会において、インターネットが不可欠な存在になったように。

この日の【仮想通貨のニュース】見出し

この日の仮想通貨ランキングTOP20の動き

仮想通貨で英語を学ぶ 〜 この日のCRYPTO ENGLISH NEWS 〜

    この日の一文  Bitcoin ATM Network Increases Daily Withdrawal Limit to $5000
    発音  ビットコイン エーティーエム ネットワーク/ インクリーシーズ/ デイリー ウィズ ドロゥワル リミットゥ/ トゥ ファイブ サウザンドゥ ダラーズ
    語句の意味  ビットコインのATMネットワークは/ 増やす/ 一日の引き出し限度を/ 5000ドルまで
    日本語訳  ビットコインのATMネットワークが、一日の引き出し限度額を5000ドルまで増やす
    Link  Bitcoin ATM Network Increases Daily Withdrawal Limit to $5000

 

〜 他のコンテンツはこちら 〜

 


Sponsored Link