【災害時における仮想通貨の力】2018年7月8日(日)の仮想通貨マーケット

Sponsored Link

 

 

〜 仮想通貨に関する日々の 情報やデータを記録 〜

 

この日のマーケットは?

 

 

この日のマーケットの動き概観(※ (   )は前日との比較 )

マーケット全体 ビットコイン イーサリアム 
時価総額 2790億ドル( 1174億ドル () 499億ドル ()
市場占有率 42.1%( ) 17.9%()
価格 6850ドル() 0.07370BTC()

◇Memo

この日のマーケット時価総額は、前日の2668億ドルから122億ドル上げの2790億ドルとなり、4日ぶりの上げ相場(前日比+4.4%)となった。

そのような相場において、BTCは時価総額、価格を上げる一方、市場占有率は前日から0.4%ダウンの42.1%となった。ETHは時価総額、価格、市場占有率の全てを上げ、市場占有率は前日から0.2%アップの17.9%となった。

この日のニュース抜粋  (Link & Memo)

ポジティブなニュース ネガティブなニュース
1. 仮想通貨の最大手取引所バイナンス:西日本の洪水被害者へ1.1億円相当の寄付を表明

 

1. ビットコイン、続く低迷 操作疑惑・規制強化論・ゆるむ需給

1. ゴミ投資家の間で仮想通貨を転がしている間はジリ貧になるだけ

◇Memo

西日本において記録的豪雨による被害が拡大する中、仮想通貨取引所の世界的大手BinanceのCEOが、100万ドル(約1億1000万円)を寄付することをTwitterで発表した。

BinanceのCEOは、中国の人であり、日本に住んでいるわけでもない。にもかかわらず、西日本の被害の状況に思いを寄せ、素早く寄付をアナウンスしたことに、日本人として感謝の念を抱かざるを得ない。

Binanceは、この3月に日本の金融庁から警告を受け、日本市場から撤退し、マルタ共和国に拠点を移すことを発表した経緯があるにもかかわらずである。

仮想通貨はその性質上、国境を越えて動く。今回のような緊急時においても、国内外を問わず、従来の送金システムよりも資金援助をより速やかに、そしてピア・ツー・ピアで行うことができる。

日本の政府機関もこのことを十分に理解しておく必要がある。なぜならば、このような寄付は、どこへ送るべきなのか、どこが受け入れ先となるべきなのかが問題になるからだ。そして、この点においては、国を越えて、仮想通貨関連団体間、仮想通貨取引所間などのネットワーク構築や情報共有も重要になる。

今後、この点について世界的に共通の枠組みが構築されていくだろう。

そのきっかけとなるアクションを起こしたBinance CEOに改めて敬意を表したい。

Mr. CZ,
Your Great Heart & Great Help,
Many Thanks from Japan.

この日の【仮想通貨のニュース】見出し

この日の仮想通貨ランキングTOP20の動き

仮想通貨で英語を学ぶ 〜 この日のCRYPTO ENGLISH NEWS 〜

    この日の一文

 Bitcoin and cryptocurrency is 'the next natural step for the global economy', Imperial academics claim

    発音  ビットコイン アンド クリプトカレンシー / イズ 'ザ  ネクスト ナチュラル ステップ/ フォア ザ  グローバル エコノミー'/, インペリアル アカデミックス/ クレイム
    語句の意味  ビットコインと仮想通貨は/ 次の自然な一歩である/ グローバル経済にとって/ 英国の研究者は/ 主張する
    日本語訳  ビットコインと仮想通貨は、グローバル経済において次の自然なステップになると、英国の研究者は主張する
    Link  Bitcoin and cryptocurrency is 'the next natural step for the global economy', Imperial academics claim

 

〜 他のコンテンツはこちら 〜

 


Sponsored Link