【仮想通貨に乗る団体と反る団体】2018年7月1日(日)の仮想通貨マーケット

Sponsored Link

 

 

〜 仮想通貨に関する日々の 情報やデータを記録 〜

 

この日のマーケットは?

 

 

この日のマーケットの動き概観(※ (   )は前日との比較 )

マーケット全体 ビットコイン イーサリアム 
時価総額 2518億ドル( 1076億ドル () 448億ドル ()
市場占有率 42.7% () 17.8%()
価格 6283ドル() 0.07110BTC()

◇Memo

この日のマーケット時価総額は、前日の2574億ドルから56億ドル下げの2518億ドルとなり、小幅な下げ相場(前日比-2.2%)となった。

そのような相場において、BTCは時価総額、価格を下げる一方、市場占有率は前日から0.1%アップの42.7%となった。ETHも、時価総額、価格を下げる一方、市場占有率は前日から0.1%アップの17.8%となった。

この日のニュース抜粋  (Link & Memo)

ポジティブなニュース ネガティブなニュース
1. ドイツの金融安定、仮想通貨分野は小さく影響を及ぼさない

2. スペイン与党、行政にブロックチェーン使用を提案

3. GMOが仮想通貨交換所やマイニング事業に参入し、重要事業に位置付ける理由

1. ポーランドの仮想通貨業界団体、口座開設拒否の銀行を激しく非難

 

◇Memo

2018年の下半期がスタートした。仮想通貨マーケットは、前日の10%近くの上昇を受け、2.2%ダウンのスタートである。下半期はどんな動きを見せるだろうか。

今月は、21日および22日にG20の財務相・中央銀行総裁会合が開催され、仮想通貨の規制についても話される予定だ。3月に開催された前回のG20において、7月までに具体的な仮想通貨規制案を各国ごとに提示することが合意されていることから、今回のG20において、仮想通貨規制に対し、各国がどのような提案をするかが注目される。

ドイツは、連邦議会の金融安定委員会(ASF)が「仮想通貨はドイツの金融の安定を脅かさない」とする報告書を発表した。ドイツは前回のG20開催前に、仮想通貨に対し各国共通の規制が必要だと主張した。しかし、今回の報告書は、逆に仮想通貨に対し、今は強い規制は必要ではないとのメッセージのようにも見えるが、どうであろうか。

また、スペインでは、与党の国民党が、スペインの行政でブロックチェーンを使用する法案を提出したことが明らかになった。国民党はブロックチェーン技術を使用する企業に税制優遇を与える計画もしており、今後の展開が注目される。

一方、ポーランドでは、仮想通貨団体のポーランド・ビットコイン協会(PBS) が、ポーランド政府に対し、15の金融機関が仮想通貨事業者の銀行口座を閉鎖していることなどについて正式に苦情を申し立てていることが明らかになった。

これまでポーランド政府は、消費者が仮想通貨に投資することに対し否定的な立場を示している。これは、仮想通貨がマネーロンダリングなどに不正に使用されている状況も関係しているようだ。

以上から分かることは、仮想通貨あるいはブロックチェーンに対し、各国の姿勢は、積極的から観察、否定的と大きく分かれている状況だ。G20において仮想通貨に対する共通の規制枠組みを作ることは、かなり難易度の高い作業になるだろう。

仮想通貨・ブロックチェーンの世界は、現在、日々テクノロジーやプロダクトが開発されている状況だ。そのような状況において、規制を固めてしまうことは、新たな可能性を閉ざしてしまう、あるいは進む状況に遅れた規制を作ってしまうことになりかねない。このことは、各国当局も理解しているようだ。

そのような状況において、ドイツの今回の報告書は、来たるG20における話し合いの方向性を示唆しているようだ。同様のメッセージは、EUからも出されている(下記「仮想通貨で英語を学ぶ」を参照)。

この日の【仮想通貨のニュース】見出し

この日の仮想通貨ランキングTOP20の動き

仮想通貨で英語を学ぶ 〜 この日のCRYPTO ENGLISH NEWS 〜

    この日の一文

 EU: Cryptocurrencies Are Far From Being Able To Challenge Central Banks

    発音  イーユー/: クリプトカレンシーズ/ アー ファー フロム/ ビーング エイブル トゥ チャレンジ/ セントラル バンクス
    語句の意味  EU/: 仮想通貨は/ はるかに離れている/ 挑戦可能な状態から/ 中央銀行に対し
    日本語訳  EU: 仮想通貨は、まだまだ中央銀行に挑戦する状況にはない
    Link  EU: Cryptocurrencies Are Far From Being Able To Challenge Central Banks

 

〜 他のコンテンツはこちら 〜

 


Sponsored Link