【SnapShot】2018年6月3日(日)の仮想通貨マーケット

Sponsored Link

 

 

〜 仮想通貨に関する日々の 情報やデータを記録 〜

 

◆この日のマーケットは?


◆この日のマーケットの動き概観(※ (   )は前日との比較 )

マーケット全体 ビットコイン イーサリアム 
時価総額 3536億ドル( 1320億ドル () 620億ドル ()
市場占有率 37.3% () 17.5% ()
価格 7733ドル() 0.08057BTC()

◇Memo

この日のマーケット時価総額は、前日の3419億ドルからさらに117億ドル上の3536億ドルとなり、二日連続の上げ相場となった。

そのような相場において、BTCは時価総額と価格を上げる一方、市場占有率を下げ、前日の38.1%からさらに0.8%下げ、37.3%となった。ETHは、時価総額、価格、市場占有率の全てを上げ、市場占有率は前日から0.2%上げの17.5%となった。

5月5日から始まった下げトレンドは、5月28日を底にし、上げトレンドに転じた可能性がある。今月は4年に一度のサッカーのW杯が開催され、仮想通貨の需要が増えるとの噂もあるが、果たしてどうなるか。

◆この日のニュース抜粋  (Link & Memo)

ポジティブなニュース (4) ネガティブなニュース (1)
1. ニューヨークのビットライセンス、今後の仮想通貨規制に光明

2. 仮想通貨が経済の安定に及ぼすリスクは低い=オランダ

3. シンガポールのブロックチェーンスタートアップ、123億ドルの金融資産を確保

4. 東電、シンガポール社と提携 ブロックチェーン技術を活用

1. 仮想通貨取引所大手HitBTC、日本居住者へのサービス提供停止

◇Memo

仮想通貨交換業のライセンス承認に厳しい要件を課すニューヨーク州が、ライセンス申請を行っていた米ジェネシス・グローバル・トレーディング社に対し、最近ライセンスの許可を出した。これによりニューヨーク州と仮想通貨業界との関係に新たな光が生じたとマーケットは捉えている。

ニューヨーク州は、2015年に仮想通貨関連のビジネスに対し、既存の金融機関並みの厳しいライセンス要件を課したが、これにより、仮想通貨に関する新たなスタートアップやイノベーションが起きにくくなったことが指摘されていた。アメリカは州ごとに規制が異なり、最近では仮想通貨やブロックチェーンを積極的に取り入れる州もいくつか現れている。ニューヨーク州は、それらの動きを踏まえ、これまでのライセンス規制を変更するあるいは緩める必要性を感じているようだ。

また、オランダでは、政府機関である経済政策分析局が、このほど仮想通貨が経済の安定に及ぼすリスクは少ないとする報告書を発表した。こうした報告書の内容は、オランダ政府の仮想通貨・ブロックチェーンに対するスタンスが規制よりも推進であることを示す材料となるであろう。

そして、シンガポールでは、ブロックチェーンのスタートアップであるフュージョン社が戦略的パートナー3社から123億ドル(約1兆3000億円)相当を確保したことが明らかになった。フュージョン社のテクノロジーを利用することで、企業はグローバルな金融ネットワークへアクセスでき、様々な仮想通貨での取引が可能となり、より幅広い金融商品の選択肢を持つことになるという。

ブロックチェーンのテクノロジーにより、小さなスタートアップであっても莫大な価値・利益を生み出すことが可能な時代に入ったことを示している。日本も仮想通貨取引所の規制ばかりに意識を奪われるのではなく、新たな価値を生み出すアプローチにも力を入れる必要があるだろう。そうでなければ、新たな投資を海外から呼び込むことができなくなるとともに、新たな技術を海外からの輸入に頼らざるを得なくなる。

それとも関連するが、東京電力がシンガポールのスタートアップ企業エレクトリファイ・アジアと提携し、電力需給や顧客の電力使用量などに応じて単価を変える料金プランを開発することが明らかになった。電力産業は、いまブロックチェーンの活用が積極的に検討されている分野である。東電は海外の力を借りてでも、この流れに遅れとらず、速やかに手を打っていく必要があるのだと思われる。

最後にネガティブなニュースを一つ。海外の仮想通貨取引所HitBTCが、日本居住者へのサービス提供を停止することが分かった。もともとこの取引所は仮想通貨の入出金の遅れなどが度々問題となっていた。その面からすれば、今回の日本居住者へのサービス提供の停止は利用者保護にもつながると考えられる。一方で、その他の海外取引所にも同様の動きが出てくるのかどうかは、今後注意が必要になる。

◆この日の【仮想通貨のニュース】見出し

◆この日の仮想通貨ランキングTOP10の動き

仮想通貨で英語を学ぶ 〜 この日のCRYPTO ENGLISH NEWS 〜

    この日の一文

 Vitalik Buterin: Ethereum Will Eventually Achieve 1 Million Transactions Per Second

    発音  ヴィタリック ブテリン/ : イサーリアム/ ウィル イべンチュアリイ アチーブ/ ワン ミリオン トランザクションズ/ パー セカンド
    語句の意味  ヴィタリック・ブテリンは言う/: イーサリアムは/ ゆくゆくは成し遂げるだろう/ 100万件の処理を/ 1秒につき
    日本語訳  イーサリアムはゆくゆくは1秒で100万件の処理を成し遂げるだろうと、ヴィタリック・ブテリンは言う
    Link  Vitalik Buterin: Ethereum Will Eventually Achieve 1 Million Transactions Per Second

 

〜 他のコンテンツはこちら 〜

 


Sponsored Link