ビットコインの主な特徴について

Sponsored Link

はじめに

こんにちは。

前回は、ビットコインの歴史について簡単にまとめましたが、今回は、ビットコインの特徴について、簡単にまとめます。

 

ビットコインの特徴を簡単にまとめてしまうと、

ビットコインとは、「P2Pネットワークによるプルーフ・オブ・ワークでブロックチェーンを維持することによって運営される仮想通貨」ということになります。

うーん、簡単にまとまったようで、全くもって分かりにくいまとめになってしまったようなので、以下、説明します。

 

特徴1. ビットコインには中央機関が介在しない(Decentralized)

日本円やドル、ユーロなど、これまでの通貨は中央銀行や国が発行・管理してきました。

 

一方、ビットコインには、銀行や国のような発行者、管理者が存在しません。

 

では、中央機関が存在しないビットコインは、どのような仕組みでコインを発行し、その取引を管理するのでしょうか?

 

一番大きな問題は、中央機関のコントロールなくして、いかに取引の正当性を確保し、二重支払いなどの不正をどのようにして防ぐのか、ということです。

 

この難問に答えを出したのが、ビットコインの生みの親であるSatoshi Nakamoto です。

 

彼は「ブロックチェーン」という技術を用いることにより、中央機関を介在させることなく、取引に信用をもたせることを可能にしました。

 

ブロックチェーンとは、ビットコインの取引をブロックにまとめ、時系列に沿ってブロックをつなぎ合わせることで、過去のすべての取引が記載される取引台帳です。

 

そしてその取引データは、ビットコインのプラットフォームに参加するすべての人がダウンロード可能で、不特定多数の人により不正のチェックを行うことで、ビットコインは中央機関の存在なくして、取引の正当性を確保することに成功したのです。

 

※ブロックチェーンの技術については、次回取り上げますので、今回は技術的なことには触れません。

 

では、どのようにしてビットコインは発行されるのでしょうか?

 

これは、実は上記の不特定多数の人によるチェックと関係します。ビットコインは、取引のチェックに参加した人に対し、報酬として新たなビットコインが自動的に発行される仕組みになっているのです。

 

不特定多数の人のチェックによる取引の正当性の確保と、コインの発行を連動させることで、中央機関の存在なくして、システムが適正に動く仕組みをNakamotoは実現したのです。すごいですよね。

 

特徴2. P2P(ピア・ツー・ピア)による管理

これは、特徴1とも重なりますが、ブロックチェーンと言われるデータは、どこかのサーバが一元的に管理しているのではありません。

 

ネットワークに参加する人々が、各自所有するコンピューターのCPUリソースなどハードウェア資源を提供することにより、システムが分散的に管理されています。

 

それにより、ハッキングや故障などによるシステムダウンが、一つのサーバーによる管理と比べ、より起きにくくなっているのです。

 

情報はすべての人に向けて公開され、多数のコンピュータで形成するネットワークにより、全ての取引情報を管理しています。

 

このようなシステムのあり方を「分散型システム」(P2P)と呼びます。

 

特徴3. プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)

これも特徴1と関連しますが、ビットコインは、取引の不正を防ぐために、プルーフ・オブ・ワークという仕組みを取り入れています。

 

特徴1で、不特定多数の人が取引のチェックを行うことを可能とするブロックチェーンという仕組みに少し触れました。

 

ネットワークの参加者は、新たなに生じたビットコインの取引記録を確認し、新たなブロックにまとめ、過去のブロックにつなぎ合わせることで、ビットコインの報酬がもらえます。

 

しかし、取引の正当性を確保するため、また、参加者間の公平を確保するため、新しいブロックの生成に先立って、各コンピューターに計算作業を要求します。その計算は、新たなブロック内の取引と直前のブロック内の取引に関連するある数(ナンス)を見つけるというものです。

 

正解を見つけ出すための計算は膨大な量に達します。

 

この作業を「プルーフ・オブ・ワーク」(Proof of Work)と言います。現在、この計算作業は多くの電力を必要とし、かつ10分程度の短期間で正解を見つけ出す必要があるため、日本において一般的な個人がPCを使って参加し、計算競争に勝つことは難しく、中国など電気料金が安い国において、専門のコンピューターを設置する専門業者が多く参加する形となっています。

 

このように大きなコストがかかる計算を短時間ですることにより、改ざん防止の仕組みは成り立っているわけですが、その計算の作業はボランティアではありません。先ほどお伝えしたように、ビットコインの形で報酬を受けます。その報酬が不特定多数の人のプルーフ・オブ・ワークへの参加を動機付けているのです。

このプルーフ・オブ・ワークは、報酬として新たにビットコインが発行されることから、金鉱採掘に見立て「マイニング」と呼ばれています。

 


 

今回は簡単にビットコインの特徴を書きました。中央機関を置かず、インターネット上で取引の正当性を確保するため、上記の一連の仕掛けが組み合わされたビットコインの仕組み。これを理解することが、その後続々と登場するアルトコインを理解するためにも非常に重要になります。

 

つまり、新たに登場したアルトコインはビットコインとどこが違い、どこに新たな価値があるのかを理解するためには、最初に作られたビットコインの仕組みを理解する必要があるのです。

 

次回以降で、「ブロックチェーン」「ハッシュ関数」のことなどにも触れていこうと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがうございました。

参考文献

野口悠紀雄著『仮想通貨革命 ビットコインは始まりにすぎない』ダイヤモンド社, 2014年
仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない


Sponsored Link