【シンプルな仮想通貨ガイド】Ethereum Classic (イーサリアムクラッシック)

Sponsored Link

 

Ethereum Classic website
▶他の仮想通貨情報はこちら

通貨表記 開始日 最大発行数 証明方法
ETC 2016/7/23 PoW
概要
Ethereum Classicは、Ethereumが二つに分裂して生まれた暗号通貨です。2016年に起きたDAO事件の際に、ブロックチェーンの書き換えに反対し、これまでに記録されてきたEthereumブロックチェーンを変更しないことを主張したコミュニティから生まれました。機能的にはEthereumとほぼ同様になりますが、2017年にはDie HardフォークがEthereum Classicに実装され、Ethereumが抱える困難な問題が取り除かれました。
特徴
1. イーサリアムと同様の特徴

イーサリアムクラシックは、DAO事件への対応に際して、イーサリアムのハードフォーク(事件によって影響を受けたイーサの取引記録を消滅させること)に反対して誕生したものであるため、ピア・ツー・ピア・ネットワーク、スマートコントラクト等、イーサリアムと同様の特徴を持つ。

2. 安全性の重視

ハードフォークすることを必要最小限に抑えるため、ハッキングへの耐性を高めるため、イーサリアムよりも、システムの拡張性を制限し、その安全性の確保を図っている。

3. PoW(プルーフ・オブ・ワーク)の維持

イーサリアムのコンセンサス・アルゴリズムは、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)からPoS(プルーフ・オブ・ステーク)に移行するが、イーサリアムクラシックは、当初からのコンセンサス・アルゴリズムであるPoWを維持することを宣言している。

 

期間でみる成長率
(※ビットコイン建で計算)

円建てからは分からないこの通貨自体の成長率を知る

期間 始値 終値 成長率
2018-Q2 0.00210516 0.00246397 17%
2018-Q1 0.00210291 0.00210516 0%
2017 0.00161192 0.00210291 30%
2016 0.00114877
(※7/24start)
0.00161192 40%

 

Topics (随時更新)

Chart 1 (ビットコイン建 or 円建)

Chart 2 (定点観測)
※ オレンジ線(ビットコイン建)に着目
2018-Q2

2018-Q1

2017
2016
(※7/24start)

取り扱い取引所
(※一部抜粋)
国内取引所 coincheck bitbank bitFlyer
海外取引所 Poloniex BITFINEX  Bittrex

 

■主な参照先:CryptoCompare , CryptoCurrency Market Capitalizations

■注意事項:上記情報はあくまで当該通貨に関する情報のほんの一部に過ぎません。投資に対する判断は、当サイト以外の情報も十分に調べ、自己責任でお願い致します。また、当サイトは、新たな情報の反映、不十分な記載の訂正など、予告なしに内容の変更を行うことがあります。これによって生じたトラブル、損失、損害に対して、当サイト運営者は責任を負いません。


Sponsored Link